内装解体工事を優良な業者に依頼するために

HOME » 業態別で見る内装解体の事例集 » 小売店

小売店

東京で施工された店舗解体の事例を集めました。アパレルや衣料品スーパー、美容院といった業態ごとに工期や業者コメントを掲載しています。

近隣に配慮したクリーンでスムーズな工事が求められる

店舗と呼ばれるスペースには、アパレルや食品・本・CDなど物を販売するための店舗もあれば、美容室・マッサージ・整骨院・エステといったサービスを提供するための店舗もあります。

いずれの場合も、解体工事の多くで共通して求めれらるのが近接したテナントへの配慮。これは、商業施設に入居するケースが多いためです。

また、専門的なサービスや知識も要求されます。例えば「店舗の移転や閉鎖に伴い発生する不用品の買取りや処分にも対応してくれる」「ガラス面のフイルムはがし、Pタイルの撤去など、店舗スペース特有の現状復帰ポイントに精通している」などが挙げられます。

こうした条件を満たした解体業者による、東京での施工事例を調べてみました。

小売店店舗の解体施工事例@東京

ケースNo.1:アパレル店舗(天井解体)

場所 東京都渋谷区
解体工事期間 夜間1日間
施工者のコメント 荒天だったため残材の搬出への影響が心配したがちょうど搬出積込時は雨が小降りになっていたので、予定通りに工事を完成させることができた。また店内の販売品に解体材やほこりがつかないように、詳細な養生を施すことも大切なポイントだった。

ケースNo.2:衣料スーパー(天井解体)

場所 東京都多摩地区
解体工事期間 5日間
施工者のコメント 天井の撤去と、天井内の設備撤去をメインに、一部外壁や外構の撤去も行った。短工期での対応は大変だったが天井の撤去は重機が使えたため、スムーズに完了することができた。

ケースNo.2:美容院(スケルトン解体)

場所 東京都国分寺
坪数 32坪
解体工事期間 7日間
施工者のコメント 4階からの搬出作業含む工事となった。その他、立地が駅前で道路使用許可等の申請も必要となった。近接するテナントに、解体工事やゴミの搬出による音やほこりで迷惑をかけないように、養生とこまめな掃除を徹底した。
 
オーナーのための内装解体業者カタログ【首都圏版】